興奮しやすい犬にしてはいけない『絶対NGなしつけ方』2選

興奮しやすい犬にしてはいけない『絶対NGなしつけ方』2選

  • わんちゃんホンポ
  • 更新日:2021/01/15
No image

絶対NGな犬のしつけ①体罰、怒鳴る

No image

興奮しやすい犬に限ったことではありませんが、基本的に家庭犬のしつけにおいて体罰は不要です。犬自身や周囲の人への危険がある場合などを除き、体罰を与えるべき状況というものはほとんど考えられません。体罰というのは適切なタイミングや強度が重要なポイントなので、とてもむずかしいしつけ方法でもあります。

そうしたことを考慮せずに叩いたり蹴ったりすることは、しつけではなく単なる暴力です。攻撃行動など緊急性がある場合などに体罰を用いてしつけを行う場合は、ドッグトレーナーなど専門家の指導のもとで行うようにしましょう。

特に興奮しやすい犬に体罰を用いるときは、注意深く行う必要があります。怒鳴ったり体罰を与えたりすることで、犬が興奮状態になって逆上する可能性が高いためです。驚いたり痛みを感じたりすることで、犬の興奮のスイッチが入り、相手に飛びついたり噛んだりすることがあるので危険が伴います。

絶対NGな犬のしつけ②説教、言い聞かせる

No image

興奮しやすい犬の中でも、人が好きですぐに楽しくなるタイプの場合は叱り方に注意が必要です。犬がいたずらをしているときや望ましくない行動をしているときに、「こら、だめでしょ」「それはやめてね」などとやさしく言い聞かせたり、長々とお説教をしたりすることはあまり効果がありません。

人が好きな犬の場合、言い聞かせや説教をしても「こっちを見てくれた」「たくさん話しかけてくれた」と勘違いさせて喜ばせる可能性があるのです。犬ががっかりしたり、嫌だと思うことでなければ行動を抑制することはできません。

興奮しやすい犬に効果的なしつけ方

No image

ほめるときは穏やかに

すぐに興奮するタイプの犬は、大きな声でテンション高くほめるとうれしくなってしまいます。興奮状態になると次の指示が聞こえなくなったり、しつけが中断されがちなのでうまく進まなくなってしまうことがあります。

ただし、遊びのときやトレーニングの一番最後には全身を使って思い切りほめてあげてください。そうすることでトレーニングに対する印象が良くなったり、モチベーションが上がるので次のトレーニング時も意欲的に取り組んでくれるでしょう。

叱るときは「無視」が効果的

興奮しやすい犬を叱るのはとてもむずかしいことです。言葉で叱責しても「かまってくれてうれしい!」と感じさせてしまうことがありますし、体罰などで強く叱ると逆上して攻撃性をあらわすこともあり危険です。このような場合に効果的なのが、犬の行動に対して無視をすることです。

多くの犬は飼い主さんと関わりたいと思っているため、反応が返ってこないことにがっかりします。そうすることで「これをしても飼い主さんはかまってくれない、意味がない」と学習して、自然にその行動が減っていくのです。特にいたずらや吠え、飛びつきなど飼い主さんの気を引くために行っている行動に対しては高い効果が期待できます。

まとめ

No image

しつけの中で飼い主が取るべき行動は、犬の性格に合わせて変えなければなりません。人が大好きでテンションの高い犬は、ちょっとばかり言葉で叱ったくらいでは全く通用しません。

むしろ、飼い主さんにかまってもらえたことに喜んでしまうこともあるでしょう。また、興奮しやすい犬の場合、強く怒鳴ったり体罰を与えたりすると犬が逆上してくる可能性もあるので注意してください。このような場合には、飼い主さんは冷静な言動を心がけて対応するようにしましょう。

■この記事を見た人はこんな記事も見ています!

犬の寿命について 大切な家族の一生

*********************

■わんちゃんホンポ

わんちゃんホンポは、ドッグオーナーさんとその愛犬自身の生活環境がより良く素敵なものになることを目指し、様々なおすすめ情報やツールを提供しています。

<ライター情報>
いろは
ドッグトレーナー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加