死闘制し決勝へ「感謝」

死闘制し決勝へ「感謝」

  • tennis365
  • 更新日:2021/06/11
No image

バーボラ・クレチコバ : 画像提供 ゲッティイメージズ

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は10日、女子シングルス準決勝が行われ、世界ランク33位のB・クレチコバ(チェコ)が第17シードのM・サッカリ(ギリシャ)を7-5, 4-6, 9-7のフルセットで破り、グランドスラム初の決勝進出を果たした。試合後には「精神的にとても成長していると感じる。ここまで経験してきた多くのことに感謝している」とコメントした。

>>ジョコビッチvsナダル 1ポイント速報<<

>>チチパスvsズべレフ 1ポイント速報<<

25歳のクレチコバはこの試合、31本のウィナーを決めて7度のブレークに成功。第9ゲームではサッカリのマッチポイントをしのぎ、3時間18分の死闘の末に四大大会初タイトルへ向けて王手をかけた。

会見では「このような試合や大きな大会、強い選手、決勝をずっとプレーしたいと思っていた。これこそ常に求め続けていた結果で、長かったけど達成できた」と語った。

「時間はかかったけど、今がいい時期だと思う。ただ、どう表現していいかわからない。感情が溢れているから、今の気持ちを説明するのはすごく難しい」

決勝では第31シードのA・パブリュチェンコワ(ロシア)と対戦する。パブリュチェンコワは準決勝で世界ランク85位のT・ジダンセク(スロベニア)をストレートで下しての勝ち上がり。

[PR]全仏オープンテニス5/30(日)~6/13(日)WOWOWで連日生中継!

■放送&配信スケジュールはこちら>

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加