STU48、イコラブ山本杏奈ら広島出身者と平和願う曲熱唱

STU48、イコラブ山本杏奈ら広島出身者と平和願う曲熱唱

  • MusicVoice
  • 更新日:2022/08/06
No image

瀬戸内を拠点に活動するSTU48内のユニット「STU48瀬戸内PR部隊」が6日、東京・お台場地区で開催されているアイドルフェス『TOKYO IDOL FESTIVAL』に出演。「広島原爆の日」のこの日に、平和へのメッセージを込めた「花は誰のもの?」を歌った。

「夢力」などをフレッシュにパフォーマンスしたあと、石田千穂が「8月6日は私たちの活動の拠点の一つである広島に原爆が投下された日です。平和という言葉を忘れてはいけないこの日に、平和への想いを歌ったこの曲を一緒に歌いたいと思います」と、広島出身であるSTU48のキャプテン・今村美月、そして、アイリ(NEMURIORCA)、永田詩央里(≠ME)、矢野美優(愛乙女☆DOLL)、山本杏奈(=LOVE)を呼び込み「きょうこの日を私たちもみなさんも忘れないように歌わせて頂きたいと思います」と「花は誰のもの?」を歌った。

アイドルグループの垣根を越えて平和への想いと共に曲を歌い届けた。歌い終えて、アイリは「この曲を通して更に平和の想いが強くなりました」、永田「この曲をきっかけに平和について考えるきっかけになれたら」、矢野「地元を大切にする平和を願う気持ちはみなさんと一緒なのできょうという大事な日にこの曲を一緒に歌わせて頂く機会があって本当に嬉しかったです」、山本「STU48さんの曲はたくさん聴かせて頂いているので、広島県民にとって大切な日にこうしてアイドルとして一緒に歌わせ頂けて良かったです」、そして、今村は「皆さんと一緒に平和を願う歌を歌えて光栄でした」。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加