フルーティーな「梨のビール」がサンクトガーレンから限定発売! 異常気象で出荷できなくなった梨を使っているんだって

フルーティーな「梨のビール」がサンクトガーレンから限定発売! 異常気象で出荷できなくなった梨を使っているんだって

  • Pouch
  • 更新日:2020/10/17
No image

人気の地ビールメーカー「サンクトガーレン」に “梨のビール” が新登場。2020年10月15日から数量限定で発売されます。

実はこのビール、ちょっぴり “訳あり” 。

表面の傷やいびつな形などで出荷できなくなった梨を使っているほか、元々ボトル販売の予定もなかったようなんです。

【いろんな品種が混じっているよ】

このたび発売される梨のビール「和梨のヴァイツェン」には、神奈川県と新潟県の “訳あり梨” が使用されています。

No image

その量は約350kgにもおよび、豊水・幸水・菊水・新高など、さまざまな品種が混合しているみたい。

梨それぞれが持つ魅力をいっぺんに楽しめそうで、ワクワクしますっ♪

【味は「とってもフルーティー」らしい】

ビールのベースとなっているのは、小麦麦芽を主原料としたヴァイツェン。

梨は「細切れ」「ペースト」「ジュース」に加工して、3段階に分けて加えているそうです。

No image

気になるお味はというと……「とてもフルーティーなビール」とのこと! 苦味は抑えめで、梨の甘い香りと瑞々しい風味を楽しめるそうですよ~。

【見た目は悪いけど味はバッチリ!】

今年2020年は、長雨と日照不足で “蜜(みつ)症” の梨が大量発生したのだそう。

No image

梨に蜜が発生すると、食感や見た目が悪くなり、出荷できなくなってしまうんですって。

しかし味には問題がないとのことで、このたびビールに生まれ変わったみたい。

また本来ならば、10月開催予定だった「横浜オクトーバーフェスト」の限定ビールとして樽生で提供される予定だったところ、イベント自体が中止に。

そこで急遽、ボトル販売へと踏み切ったそうなんです。

【オンラインでも買えます】

いろいろと訳ありですが、味はとってもおいしそう。なにより “梨のビール” ってかなり珍しいですよね……!

希望小売価格は税別460円。

直営オンラインショップ、京王百貨店新宿店、そごう横浜店、信濃屋食品などで購入できるそうなので、ぜひチェックしてみてください♪

参照元:サンクトガーレンプレスリリース
執筆:田端あんじ (c)Pouch

動画・画像が表示されていないときはこちらから

田端あんじ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加