シティ1年目のアルバレスが衝撃明かす 「ギュンドアンとデ・ブライネに驚かされた」

シティ1年目のアルバレスが衝撃明かす 「ギュンドアンとデ・ブライネに驚かされた」

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2022/09/23
No image

アルゼンチン代表FWフリアン・アルバレスはマンチェスター・シティ加入時にドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンとベルギー代表MFケビン・デ・ブライネのプレーぶりに驚かされたようだ。クラブ公式サイトが伝えている。

【動画】【マンチェスター・シティ】ダビド・シルバが自分の彫像と初対面!

今年1月にリーベル・プレートからシティ入りが決まったアルバレス。今季からシティの一員となり、まだまだこれからの選手だが、ここまで公式戦8試合に出場して3得点とさっそく才能の片鱗を見せている。

タレント揃いのチームでもやっていけるだけの力を示す22歳のアタッカーだが、全体的なレベルの高さを感じつつ、ジョゼップ・グアルディオラ監督の下で長らく中心格の2選手に衝撃を受けたという。

「ここには良い選手がたくさんいて、どの選手も美しいフットボールをしている。巧みなフットボールをするんだ」

「最初の数日間はイルカイとケビンのボールコントロールや、狭いスペースでの動き方、技術的なスキルにすごく驚かされた。家族に話をしたぐらいさ」

「僕はずっと世界最高の選手たちとプレーしたいと言ってきた。今はここマンチェスター・シティでそういう環境にいる。でも、代表でもそうだ」

「このヨーロッパでプレーする選手の大半は多くを学ぶことができる。ただ見るだけじゃなくて、一緒にピッチに立つことでね」

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加