“3度目の麻薬裁判”ハン・ソヒ、1審で懲役6か月の実刑

“3度目の麻薬裁判”ハン・ソヒ、1審で懲役6か月の実刑

  • WoW!Korea
  • 更新日:2022/09/23
No image

“3度目の麻薬裁判”ハン・ソヒ、1審で懲役6か月の実刑(画像提供:wowkorea)

麻薬使用の容疑で開かれた3回目の裁判で、元アイドル練習生のハン・ソヒが、1審で実刑を宣告された。

ソウル東部地裁刑事8単独ク・ジャグァン判事は23日午後、麻薬類管理に関する法律違反(向精神薬)の容疑で起訴されたハン・ソヒに対し、懲役6か月を宣告した。また、40時間の薬物中毒リハビリプログラム履修と10万ウォン(約1万円)の追徴金返還を命じた。

先立って検察は、ハン・ソヒに懲役1年6か月を求刑した。

ハン・ソヒと弁護人側は、麻薬使用の事実はないと主張したが、裁判部はこれを受け入れなかった。

裁判部は、「麻薬犯罪は国民の健康を害し、社会全般に深刻な悪影響を及ぼす可能性が大きいという点で責任がある」と、その量刑理由を明らかにした。

ハン・ソヒは昨年7月、ソウルのあるマンションで、ヒロポン(メタンフェタミン)を投与した容疑を受けている。当時ハン・ソヒは、執行猶予期間内に再び麻薬を使用した容疑で、1審裁判を受けていた。

ハン・ソヒは、2016年に大麻を吸った容疑などで起訴され、2017年7月の1審から懲役3年に執行猶予4年、保護観察120時間、追徴金87万ウォン(約8万7000円)を宣告され、同年9月に刑が確定した。

しかし、ハン・ソヒは昨年3月に再びヒロポンを投与した容疑で裁判になり、ことし7月の最高裁で懲役1年6か月を宣告された。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加