【実録】一生忘れられない!? 彼氏とのトンデモ破局エピソード #2「身動きが取れない!?」

【実録】一生忘れられない!? 彼氏とのトンデモ破局エピソード #2「身動きが取れない!?」

  • ウレぴあ総研
  • 更新日:2021/02/22
No image

彼氏と別れるとなると、どうしてもすんなりとはいきませんよね。

片方が別れたいと思っても、相手も同じ気持ちとは限らないからです。

今回は、そんな揉めがちな別れ際に起こった「彼氏とのトンデモ破局エピソード」をご紹介します。

恋人との別れを考えている人は「こんなことがあるかも」と参考にしてみてくださいね。

「夜の海が好きで、よくドライブに出かけていました。

その日も普段と変わらない様子だったので、彼氏の心変わりに気づくことができなくて。

私の運転で彼氏を家に送ったところで突然、『今日で会うのは最後にしたい』と言われびっくり。

いきなりのことに焦って『急にどうしたの?』『私じゃダメなの?』と必死に引きとめると『うるさいな!』と一方的にはねつけられて。

当然、納得できるはずもなく、私は感情的になって『どうしてよ!』と怒鳴って、バンっと思いきりハンドルを叩きました。

すると目の前が一気に真っ白になって……『もしかして意識を失ったかも』と思ったら、強く叩いたせいでエアバッグが飛び出したんです。

『身動きが取れない!○○くん助けて』と声をだした瞬間、バタンとドアを閉める音が聞こえました。

まさかこんな形で別れることになるとは。その後、修理などが大変で悲しむ暇もありませんでした」(27歳/介護士)

彼氏から突然別れを告げられると「考え直して」と引きとめたりしますが、相手の意志が固いとどうすることもできない場合も。

今回のようにハプニングが起きたにも関わらず知らんぷりされたのなら、「こちらからもお断り」とはっきり言うことも必要となります。

エアバッグが飛び出すというピンチも滅多にあることではないので、この際彼氏の冷たさを逆に笑い飛ばす気持ちが持てるといいですね。

(mimot.(ミモット))

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加