大河ドラマ「どうする家康」第12回あらすじ 家康VS.氏真、直接対決へ

大河ドラマ「どうする家康」第12回あらすじ 家康VS.氏真、直接対決へ

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2023/03/19
No image

氏真と直接戦うことに…「どうする家康」第12回より - (C) NHK

松本潤が主演を務めるNHK大河ドラマ「どうする家康」(日曜、総合・午後8時~ほか)より、26日に放送される第12回「氏真」のあらすじを紹介する。

武田信玄(阿部寛)から攻め込まれ、家臣にも見限られた氏真(溝端淳平)は、駿河・今川館を捨てる。妻・糸(志田未来)は、彼女の実家である北条に身を寄せるよう勧めるも、氏真は耳を貸さない。一行が徳川領に近い掛川城に落ち延びたため、家康(松本)は兄弟同然に育った氏真と直接戦うことになる。

「どうする家康」は、「コンフィデンスマンJP」シリーズなどの古沢良太が脚本を手掛け、新たな視点で徳川家康の生涯を描く大河ドラマ第62作。寺島しのぶが語りを務める。(清水一)

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加