バルサ・キャリア800試合出場が迫るメッシ  これまでに驚異的な数字を残す

バルサ・キャリア800試合出場が迫るメッシ これまでに驚異的な数字を残す

  • SPORT|スポルト
  • 更新日:2020/11/20
No image

バルサ・キャリア通算800試合出場が迫るメッシ

レオ・メッシは現地時間21日(土)に行われる、ラ・リーガ第10節アトレティコ・マドリー戦に出場すれば、クラブでのキャリア通算800試合目を迎える。

同選手は、2003年11月のポルト戦でデビューして以来、公式戦741試合と親善試合58戦に出場。17年間でこの数字に到達している。

出場時間数で見ると、公式戦では60,175分、親善試合では2,913分と、合計63,000分以上(正確には63,088分)を記録した。

16歳4ヶ月と24日でトップチームデビューしたポルト戦では0-2と敗戦したものの、17歳3ヶ月と22日で迎えた公式戦デビュー(エスパニョール戦)では1-0で勝利した。
その後メッシは、FCバルセロナでの799試合で、561勝、149分、89敗を記録している。

彼の平均勝利数は70%以上(70.21)、敗戦率は11.13%、引き分け率は18.64%である。これは、10試合中7勝を挙げているペースだ。

また、彼の初ゴールは2004年7月20日のパラモス戦(0-6)でマークされた。2005年5月1日にカンプノウで行われたアルバセテ戦(2-0)では、公式戦初ゴールを記録している。
そして今日までに、アルゼンチン人は公式戦で640点、親善試合では37点という驚異的なゴール数を記録している。

■タイトル獲得数
メッシがこれまでにFCバルセロナで獲得したタイトルは以下の通りとなっている。

ラ・リーガ:10
チャンピオンズリーグ:4
スーペルコパ:8
ヨーロッパ・スーパーカップ:3
カップ戦:6
クラブワールドカップ:3
合計:34

彼が最初に味わったのはタイトルは2004-05シーズンのリーグ戦タイトルである。(2005年5月14日)そして最後に獲得したのは2018-19シーズンのリーグ戦タイトルである。(2019年5月27日)。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加