ソフトバンク栗原が柳田越え 先制3ランで打点チームトップに

ソフトバンク栗原が柳田越え 先制3ランで打点チームトップに

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2020/08/01
No image

◆ソフトバンク-西武(1日、ペイペイドーム)

ソフトバンクの栗原が先制の7号3ランを放った。

初回、川島の左翼線二塁打と中村晃の四球などでつくった2死一、三塁の好機。栗原が西武先発本田の143キロ真っすぐを捉えた打球は左翼テラス席に飛び込んだ。

7月25日の日本ハム戦で自身初の満塁弾を放って以来となる6試合ぶりの一発で今季29打点目。この時点で26打点の柳田を抜いてチーム単独トップに躍り出た。

5番に座った7月24日から8試合で計11打点と勝負強さを発揮している。

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加