厚労省会議で専門家「放置すると更なる感染拡大も」

厚労省会議で専門家「放置すると更なる感染拡大も」

  • テレ朝news
  • 更新日:2020/11/20
No image

動画を見る(元記事へ)

現在の感染状況について、厚生労働省の会議に参加した専門家らは「感染拡大のスピードが増して厳しい状況」にあるとして地域を限定した行動制限など、強い対策が必要だとしています。

新型コロナ対策アドバイザリーボード・脇田隆字座長:「放置しておくとさらに急速な感染拡大に至る可能性が非常に高い。厳しい状況が続いている」
新型コロナウイルスの感染拡大の原因について専門家らは、基本的な感染予防対策がしっかり行われていないことや人の移動が増えていること、また気温の低下による影響も考えられると分析しました。このままの状況が続くと、医療機関では予定されていた手術や救急の患者の受け入れができなくなるなど、通常の医療との両立が困難になる恐れがあるとしています。そのうえで専門家は、感染が急拡大している都道府県では、地域を限定した行動制限などの強い対策が求められると厚労省に助言しました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加