《5歳児餓死・母親に懲役5年判決》ママ友・赤堀被告の「二面性」

《5歳児餓死・母親に懲役5年判決》ママ友・赤堀被告の「二面性」

  • 週刊女性PRIME
  • 更新日:2022/11/25
No image

碇利恵被告(左)と赤堀恵美子被告(右)

20年4月、母親・碇利恵被告(40)がママ友の赤堀恵美子被告(49)と共謀し、碇被告の三男・翔士郎ちゃん(当時5)を餓死させた事件。

【写真】1984年ころ。小学校時代から体格がよかった赤堀被告

碇被告は福岡県警から保護責任者遺棄致死の罪に問われていたが、25日0時をもって懲役5年が確定した。

碇被告の裁判員裁判は今年6月に開かれていて、『週刊女性PRIME』は傍聴した赤堀被告の知人を取材していた。そこでの赤堀被告の態度はというと……。

(以下は、2022年6月14日に配信した記事の再掲載です)

◆   ◆   ◆

「びっくりしました。えっ、これが赤堀被告? 別人じゃないかと自分の目を疑いましたよ」

そう驚くのは、赤堀被告の知人だ――。

福岡県篠栗町で残酷な事件が起きた。20年4月、碇利恵被告(40)はママ友の赤堀恵美子被告(49)と共謀し、碇被告の三男・翔士郎ちゃん(当時5)を餓死させたとして、福岡県警から保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕された。

6月6日、碇被告の裁判員裁判が5日間連続で開かれていた。そして14日、検察は碇被告に対して懲役10年を求刑した。

なぜ、このような凄惨な事件が起きたのか。

我が子を栄養失調で餓死させた

「赤堀被告は碇被告に巧みに取り入り、一種のマインドコントロール状態に。まず、碇被告の夫の浮気をデッチ上げて調査費をだまし取った。さらに碇被告が離婚を決意すると、今度は“子どもの親権をとるには、裁判に勝たなければならない”と言って、生活保護受給費や児童手当など合わせて約1370万円もの金を詐取していた。その結果、碇被告の生活は破綻し、子どもに十分な食事も与えられず、三男は栄養失調となって餓死したのです」(地元メディア記者)

赤堀被告には保護責任者遺棄致死の他、詐欺や窃盗の疑いもかけられている。

6月6日から5日間連続で開かれた碇被告の公判を傍聴していた冒頭の赤堀の知人によると、

「碇被告の見た目は事件当時に報道された写真そのまま。短い髪を後ろで結んで、裁判の前半はグレーのスーツ姿、後半はTシャツでした。発言するときはいつもか細い涙声で、気が弱い人だと感じた」

公判3日目、衰弱しきった翔士郎ちゃんが「ママ、ごめんね」と言って数時間後に息を引き取った場面を碇被告が証言した際は、

「本当に子どもに申し訳ないことをしてしまったという、母親の後悔が伝わってきて、泣けてしまいました」(同・知人)

初公判こそ、傍聴席の倍の傍聴希望者が列をなしたが、2日目から4日目は並んだ全員が傍聴できていたという。しかし、5日目の10日は、傍聴席の8倍もの希望者が集まった。この日は赤堀被告が証人として初出廷したからである。

「赤堀被告は身長150センチちょっとで、体重120キロぐらいだったのですが、かなり痩せていました。それでも90キロはあると思いますが。天然パーマの長い髪を左右に分けているのは以前と同じだったが、その半分が白髪になっていて驚いた。服装は上下ともグレーのジャージ姿でした」(同・知人)

証言を拒否し続けた赤堀被告

何を話すのかに注目が集まったが、赤堀被告は検察にうながされても、

「これから私の裁判があるので、答えません」

と証言を拒否。その後、弁護人や裁判官に問われても、

「答えられません」

と大きな声で繰り返すだけだった。

赤堀被告の知人はこの態度に、

「厚かましいというか、ふてぶてしいというか。すべての罪状を否認していると聞いていたので、まったく何も反省していないんだと腹が立ってきました」

「小学時代から何を考えているのかわからない子だった」と話すのは当時、赤堀被告が通っていた学校の教師だ。

「勉強はできませんでしたが、態度は一見すると可もなく、不可もなしという子でした。でも、生徒たちに聞くと、彼女はかなり評判が悪かった。先生の前では割といい子ぶって、裏ではひどいことを言っている二重人格のような感じだった」

赤堀被告の小学、中学時代の同級生もこう話す。

「えーしゃん(赤堀被告のあだ名)は、体格も態度もデカイ。でも陰で悪口言っておきながら、本人を前にすると態度を変えて、やさしくするみたいな……。同級生のみんなはそれを知っていたからドン引きしていましたね。幼少期から変わらないんじゃないですか、都合が悪いことは答えないところ」

碇被告の判決は17日に言い渡される予定だ。その後、いよいよ赤堀被告の公判となる。前出の教師は赤堀被告に対して「自分にのやったことを素直に反省して、罪を償ってほしい」と願っている。果たして……。

週刊女性PRIME

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加