濱口竜介「偶然と想像」冬に劇場公開、ベルリン映画祭授賞式への監督登壇も決定

濱口竜介「偶然と想像」冬に劇場公開、ベルリン映画祭授賞式への監督登壇も決定

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2021/06/11

濱口竜介監督作「偶然と想像」が2021年冬に劇場公開される。

No image

濱口竜介

すべての画像・動画を見る(全8件)

No image
No image

第71回ベルリン国際映画祭で審査員グランプリ(銀熊賞)受賞した本作。「偶然」と「想像」をテーマにした短編3つからなるオムニバスで、第1話「魔法(よりもっと不確か)」には古川琴音中島歩玄理、第2話「扉は開けたままで」には渋川清彦森郁月甲斐翔真、第3話「もう一度」には占部房子河井青葉が出演している。

No image

濱口と「ハッピーアワー」などのプロデューサー・高田聡がともに企画を立ち上げ、2019年夏から約1年半を掛けて制作。脚本は濱口が手がけ、撮影は3話すべて「うたうひと」「ひかりの歌」の飯岡幸子が担当した。

今回の受賞に際し、濱口が現地の授賞式に出席することも決定。濱口はイタリア現地時間6月13日に行われる授賞式と、15日の公式上映に登壇予定だ。

なお濱口の新作「ドライブ・マイ・カー」は8月20日に東京・TOHOシネマズ 日比谷ほか全国で公開。同作は、フランス現地時間7月6日から17日にかけて開催される第74回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に正式出品される。

(c)2021 NEOPA / Fictive

映画ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加