宝塚歌劇 月組次期トップスターは月城かなと、娘役トップは海乃美月に決定

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/04/08

宝塚歌劇団は6日、次期月組トップスターに月城(つきしろ)かなと、トップ娘役に海乃美月(うみの・みつき)が就任すると発表した。現月組トップスター珠城(たまき)りょうとトップ娘役・美園(みその)さくらが2021年8月15日で退団、その後任となる。

新トップコンビとしてのお披露目公演は、10月11日に初日を迎える月組博多座公演「川霧の橋/Dream Chaser-新たな夢へ-」となる。

月城は09年、宝塚歌劇団に95期生として入団。雪組に配属。圧倒的美貌で、早くから注目された。13年、「Shall we ダンス?」で新人公演初主演後、3度に渡り主演を務める。15年「銀二貫」でバウホール公演初主演。17年、2月20日付で月組へと組替え。同期には花組トップの柚香光(ゆずか・れい)と星組トップの礼真琴(れい・まこと)がいる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加