松坂桃李、モンハン映画“謎の言語”で吹き替え「訳はおそらく、たぶん...」

松坂桃李、モンハン映画“謎の言語”で吹き替え「訳はおそらく、たぶん...」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/01/14

俳優松坂桃李(32)が、米映画「モンスターハンター」(3月26日公開)の日本語吹き替え版で“日本語を話さない”声優を務めた。

No image

米映画「モンスターハンター」の日本語吹き替え版の声優を務める松坂桃李

仲間と狩猟を楽しめる人気ゲームの実写映画化。松坂はタイ人俳優のトニー・ジャー(44)が演じたハンター役。モンハンの世界の意味不明な言語が使われており、自身もアフレコで「クルクマカスデネルウメンコノンコワ」などと謎のセリフを吹き込んだ。「訳は“落ち着け、話せば分かる”。おそらくだけど、たぶんこういうことを言っています」と笑いながら説明。自身もモンハンのプレーヤーで「これほどまでにモンハンをやっていてよかったと思ったことはありません」と起用を喜んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加