「2人で引っ張っていこうと」堂安律が“相棒”と誓った熱い決意を明かす!「チームを助けてくれて感謝している」

「2人で引っ張っていこうと」堂安律が“相棒”と誓った熱い決意を明かす!「チームを助けてくれて感謝している」

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/07/22
No image

堂安がチームを引っ張っていく決意を語った。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

U-24日本代表は7月22日、東京五輪のグループステージ初戦でU-24南アフリカ代表と対戦し、1-0で勝利を収めた。

立ち上がりから圧倒的に押し込むも、どうしてもゴールを奪えないなかで、ようやく均衡を崩したのは終盤に差し掛かった71分だった。ペナルティエリア右でボールを持った久保建英が中央へ切れ込むと、自慢の左足を一閃。強烈なシュートはGKの手を弾き、鮮やかにネットを揺らした。

結局、20歳のレフティの一撃は、この試合で生まれた唯一の得点となり、日本はなんとか開幕戦を白星で飾った。
試合後には久保と共に攻撃を牽引した堂安律がインタビューに応じ、「難しい形になったけど、なんとか勝点3を獲れて良かった。良い雰囲気で2戦目を迎えられる。ハーフタイムからチーム全員で焦れるなという声は掛けていたので、問題なく焦れずに最後まで攻撃できていたので、あまり焦りはなかった」とコメント。

殊勲の決勝点を奪った“相棒”には「2人で引っ張っていこうという話をしていたので、彼が決めてくれて、チームを助けてくれて感謝している」とストレートな思いを伝えた。

日本は今後、25日にメキシコ戦、28日にフランス戦とグループステージで対戦。「短期決戦なのでここから勢いに乗って、チームに貢献できるように頑張りたい」とぎらつく背番号10に期待が高まる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】日本代表の東京五輪初ゴール!久保建英の芸術的な左足のショットをチェック!

【五輪代表PHOTO】U-24日本1-0U-24南アフリカ|均衡した展開の中で久保が値千金の先制弾!五輪初戦を勝利で飾る!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加