阪神・伊藤将「攻める気持ちで投げることができた」 6回1失点、援護なく8勝目ならずも次回に期待

阪神・伊藤将「攻める気持ちで投げることができた」 6回1失点、援護なく8勝目ならずも次回に期待

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/09/16

◇セ・リーグ 阪神0-1ヤクルト(2021年9月15日 神宮)

No image

<ヤ・神(20)> 6回1失点と力投する伊藤将 (撮影・平嶋 理子)

前夜は勝ちに等しい引き分けと粘った阪神だったが、この日はあと一本が出ず、接戦での勝利を逃した。

先発した伊藤将は初回に先制点を献上したが、尻上がりに調子を上げ、前回対戦で5回3失点だったヤクルト相手に6回5安打1失点と好投した。

「前回は低めを、変化球をうまく打たれていたので、今回は攻める気持ちで投げることができたんじゃないかなと思います」

しかし、味方の援護を受けられず、セ・リーグ5球団制覇&球団新人左腕では江夏豊(12勝)、遠山昭治(8勝)以来となる8勝目到達は、次回へ持ち越し。「今日みたいに先制されても粘り強く投げきることは大事だと思うので、そこを意識してやっていきたい」と先を見据えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加