正代が初黒星「悪くないが体をぶつけられていない」

正代が初黒星「悪くないが体をぶつけられていない」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/01/12
No image

正代(左)を突き出しで破る大栄翔(撮影・菅敏)

<大相撲初場所>◇3日日◇12日◇東京・両国国技館

かど番の大関正代(29=時津風)が、大栄翔に突き出されて初黒星を喫した。大関3人でただ1人、初日から連勝だったが、最後のとりでも崩壊。この日は結果的に3大関すべて敗れる波乱のきっかけを作ってしまった。

敗因に立ち合いを挙げ、「相手のとりやすい角度になって、自分の圧力が伝わらなかった」と振り返り、休場明けの3日間を「悪くはないが体をぶつけられていない。そこが気になりますね」と自ら不安箇所を指摘した。

特徴でもある、胸から受けるような立ち合いは修正できていない。「受けるような立ち合いが減っていけば。取りながら修正して、一方的な相撲をなくしていきたい」。3場所連続横綱不在に加え、3日目にして早くも三役以上に勝ちっぱなしはいなくなった。大関の存在感を示すためにも、ここからが踏ん張りどころとなる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加