橋本聖子会長「安全・安心な大会に自信」 IOC理事会で報告/東京五輪

橋本聖子会長「安全・安心な大会に自信」 IOC理事会で報告/東京五輪

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/06/09
No image

IOC理事会プレゼンテーション終了後に、取材に応じる東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長=9日午後10時24分、東京都中央区(代表撮影)

国際オリンピック委員会(IOC)は9日、オンライン形式で理事会の第2日を行い、東京の大会組織委員会が準備状況を報告。理事から新型コロナウイルスで厳しい状況に直面しながら着実に準備を進めていると評価された。橋本聖子会長は「安全で安心な大会開催に自信をもてるだけの数々のエビデンス(証拠)がそろってきたことを、理事の皆さまとも確認できた」と胸を張った。

組織委はIOCから国内の関係者用に提供された約2万人分のワクチンを、選手と接触する機会の多い職員やボランティアに接種する方針。武藤敏郎事務総長は、要人と接する機会の多いボランティアや、ワクチンを接種してくる海外メディアと接触する日本のメディアにも対象を広げる可能性を示し、「プラスアルファのワクチンを確保できるかにかかっている」とした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加