「糞」や「精子」の香りとは? 斬新すぎるコンセプトの香水が話題→実際に嗅いでみたら...

「糞」や「精子」の香りとは? 斬新すぎるコンセプトの香水が話題→実際に嗅いでみたら...

  • Jタウンネット
  • 更新日:2021/05/04

口に出すのがはばかられる商品名、衝撃的すぎるコンセプト、まさかかなりのマニア向け?......そんな香水がツイッターで話題になっている。

No image

オルトパリージの香水「ステルクス(糞)」

それが、オランダ・アムステルダム発のフレグランスブランド「オルトパリージ」の香水「ステルクス」。なんと、「糞」の香りの香水だ。販売ページには、

「無限に繰り返される生と死の輪廻の輪。これは動物からひねり出される終わりの匂い、そして堆肥として作物を育むはじまりの匂い。悪者が聖者になる瞬間。ただひたすらに正直な」

と、わかるようでわからない説明文が。

このオルトパリージの販売ページには、「ステルクス(糞)」の他にも、「セミナリス(精子)」や「ボッカネーラ(ダークな口)」、「ブルータス(ブルータス)」など、非常に気になる商品名の香水が全8種ラインアップされている。

絶対に香水には適さないテーマもあるように見えるが、いったいなぜこんなものを作ったのだろうか? そして、どんな香りなのだろう......?

Jタウンネット記者は2021年4月7日、日本でオルトパリージの香水を販売する香水専門店「NOSE SHOP」の運営会社「BIOTOPE INC. (ビオトープインク)」に詳細を聞いた。

自然な身体の匂い、繁殖力、生命

No image

特に人気な「セミナリス(精子)」

対応した広報担当者は、

「NOSE SHOPではこちらのブランド(オルトパリージ)を『香りの収穫祭』と題して紹介しております。『ステルクス』や『セミナリス』はそれぞれ『糞』や『精子』を表現する一種の『アート作品』とも言えます」

と、教えてくれた。

なるほど、商品名だけを見ればぎょっとするが、あくまでアート作品なのだと思えば、納得できるかもしれない。

これらの香水を手掛けるのは、名だたるファッションブランドの香水を数々手掛けてきた調香師・アレッサンドロ・グアルティエーリ。

ノーズショップの担当者は、

「(オルトパリージの香水は)『多くの匂いを発する体の部位は、より多くの魂が集められている部分である。強い匂いが私たちにとって不快に感じられるのは、過剰に集められた剥き出しの魂が、わたしたちを一瞬にして文化的な生活から逸脱させてしまうほど、自身の原始の動物性を強く刺激するからだ』という調香師の主張から、私たちが慣れ親しんでいない自然な身体の匂いや自然の繁殖力や大地、生命といったものを再現したフレグランスです」

と説明する。さらに、

「単に心地よい香りを作ることだけがテーマではない、というユニークさを持っています」

と、強調した。

8種の中で特に人気があるのは、セミナリス(精子)だという。やはり、他にはなさそうな前衛的な香りを求める人が多いのだろうか。

「(お客さんが)店頭の商品説明にある『糞』や『精子』といったワードを目にされると、それぞれのタイトルにされた香りに本当に似ているのかとイメージされたり、『思っていたより●●な香り』などと反応は様々です。 ただ全体的に、香りが特徴的なことと濃度が高いこともあり、幅広く多くの方に好まれるというより、他にない特徴的な香りをお求めの方や、ブランドのコンセプトや作品を『面白い』と感じる方からの支持を得ているブランドという印象があります」

とのこと。

いわゆるマニア心をくすぐる香水と言っていいかもしれない。

「生命力を感じる」

No image

オルトパリージの香水を販売するNOSE SHOP 新宿店

今回、記者はNOSE SHOP 新宿店を訪れ、「ステルクス」と「セミナリス」のムエット(試供品)をもらうことができた。

まずはおそるおそる、ステルクスを嗅いでみる。

脳裏に、お寺が浮かんだ。線香を連想する強い香りだ。「動物からひねり出される終わりの匂い、そして堆肥として作物を育むはじまりの匂い」かと言われると、首をかしげてしまうが......アート作品はすぐには理解できないものである。

少なくとも、心配していたような悪臭などでは全くなく、オシャレとして身に着けてもまったく問題ない印象だった。

次に、セミナリスも試してみる。

これは、人工的な花の香り......? 他の社員にもかいでもらうと、「歯医者みたい」「生命力を感じる」など、バラバラな感想が飛び交った。

ある男性記者Iは、

「何の香りか知ってからもう1度嗅ぐと、『たしかにそれだ!』となる。すごい」

と、驚いた様子。

ちなみに、セミナリスの販売ページには、

「男性を女性に引き付ける匂い。ブルゲオナールという分子。精子はこの香りに導かれて卵子へと誘われる」

と、説明がある。

つまり、精子の香りというわけでなく、卵子の放つ分子の香りというわけらしい。人々がこの香りのもとに、精子のように導かれてしまう...という意味で名付けられているのだろうか?

また、

「この水々しい香りを放つ分子は、男性が女性よりも高い感度をもつ唯一の匂い物質」

とも書かれていた。

男性が女性よりも高い感度をもつ......?

気になったので、社内の男女数人に両方の香水を嗅ぎ比べてもらった。その上で「どちらのほうが好みか?」尋ねてみる。

すると、女性で「セミナリス」のほうが好みと答えたのは4人中1人だったのに対し、男性は7人中5人が「セミナリス」派だったのだ。少人数へのアンケートなので断言はできないが、やはりセミナリスは男性が惹きつけられる匂いなのだろうか......?

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加