渋野は4位に「びっくり」「今の状態で合格点」と笑顔

渋野は4位に「びっくり」「今の状態で合格点」と笑顔

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/11/24
No image

渋野日向子は9番でバーディーパットを決め笑顔を見せる=エリエールゴルフクラブ松山(撮影・山口登)

「大王製紙エリエールレディース、最終日」(22日、愛媛・エリエールGC松山)

渋野日向子(22)=サントリー=が猛チャージで最終日を大いに盛り上げた。

1番で左ラフから2メートルにつけてバーディー発進。5、6番で連続バーディーを奪うと9番ではティーショットを右に曲げながら、2打目を100ヤード地点まで戻し、3打目がピンの右10メートル余り。これを強気のパットでねじ込んで、本人も思わず笑ってしまうような、ナイスバーディー。

前半を31で折り返すと、後半も11番で取るなど1打スコアを伸ばし、66の好ラウンド。ホールアウト時で4位と、今季最高順位で終えた。

渋野は「ショットが振り切れないところで、長いのが前半に2つ入ったり、パットに助けられた」と振り返った。

好調と言い切れない中で、この順位に「ビックリしてる。でも今の状態で3、4日目伸ばせたのは合格点。『60点』かな」と意欲も出てきた。次週が国内では今年最後となる。目標は連続での「トップ10。あと、2日目のオーバーパーをなくしたい」とスマイルで締めくくった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加