南アルプス「聖岳」で40代女性が足を負傷 歩行困難で救助要請 静岡市葵区

南アルプス「聖岳」で40代女性が足を負傷 歩行困難で救助要請 静岡市葵区

  • テレビ静岡NEWS
  • 更新日:2022/08/07
No image

南アルプス

静岡市葵区の南アルプス「聖岳(ひじりだけ)」で6日午後、下山していた女性がケガをして歩行困難となり、警察と消防に救助要請が入りました。

静岡市消防によりますと、ケガをした女性は40代で、下山中に何らかの理由で右足をねんざし、歩けなくなったということです。

聖岳の標高2260m地点にある聖平小屋のスタッフが午後3時頃、衛星電話を使って消防に通報しました。

警察と消防は、女性が現在もこの小屋にいるとみて、7日早朝から山に入り救助に向かうということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加