[うさぎ年]4月中旬~5月中旬運勢 良好な人間関係と体力が開運の要に

[うさぎ年]4月中旬~5月中旬運勢 良好な人間関係と体力が開運の要に

  • CREA WEB
  • 更新日:2021/04/08

卯(うさぎ)年

4月12日(月)〜5月11日(火)の運勢

No image

備えの有無が結果を左右するとき。

これからのひと月は、一見するとピンチと思える場面がやってくる雲行きです。

しかし、それを無事にクリアしたなら、一気に評価が高まるなど、大きな収穫が得られるとき。つまり、この時期の危機的状況は、飛躍のチャンスでもあるのです。

訪れるピンチは、膨大な仕事量だったり、ミスのリカバリーだったり、人手や時間の不足だったり、さまざまなケースが想定されますが、それらに対応するために必要なのは、備えです。

まずは体力。何事もないうちに十分な睡眠と栄養をとって、踏ん張りの効く心身のコンディションを整えておきましょう。

次に重要なのが、人脈など周囲との良好な関係。日頃から同僚たちと助け合いができる関係を築いておくこと、知恵を授けてくれる年輩者を味方につけておくこと等々、困ったときに助けを求められる環境を作っておくことが大切です。

この時期、頼りになるのは、寅(とら)、卯(うさぎ)、辰(たつ)年の人。

もちろん、自分の技術力や専門性を高めるなどの、自己研鑽も重要な備えに。

また、このひと月は、人とのご縁に恵まれやすいとき。

恋愛運も上々です。フリーの人は素敵なお相手に巡り合う可能性大。積極的に出会いを求めて吉。

金運も悪くありません。徐々に上向いていく運気なので、投資の決断は、この時期の後半がおすすめです。

注意すべきは、交通事故。車の運転時は言うまでもなく、自転車や歩行での移動時にも気を抜かないようにしてください。

人間関係では、お金の貸し借りをしないこと。

特に、酉(とり)、戌(いぬ)年の人との付き合いで、そうした話になりがち。大きなトラブルに発展しやすいときなので、この時期は、なるべく関わらないに限ります。

健康面で注意したいのは、糖尿病の傾向と肝臓の不調。

この時期、相性がいいのは、未(ひつじ)、戌(いぬ)、亥(いのしし)年。

距離を置いたほうがいいのは、子(ねずみ)、辰(たつ)、午(うま)、酉(とり)年の人。

吉方位は、東と西。避けたほうがいいのは、北と南。

※次回更新日は5月9日(日)

※台湾の占いは旧暦が基本。旧暦と西暦で干支が変わる人もいますが、ここでは西暦での干支でみられるように占っています。

卯(うさぎ)年

神鳥さんが授けるお守りアイテム

招き猫のチカラを借り、この時期のチャンスをあますところなく招き入れましょう。

招き猫は、台湾でも縁起物として親しまれていて、日本と同様、飲食店や事業所、宝くじ売り場などに置かれています。

右手を上げているものは招財、左手は人脈づくりに良いなど諸説ありますが、気に入ったものであれば、色や形は問いません。

何らかの経営をしている人は事業所やお店の入口に、お客様と対面するように飾ります。オフィスワークなら、自分のデスクに、外側を向くように置きましょう。

家の中であれば、寝室以外の場所に。リビングでもOKです。

開運アイテムは、代用品よりも実物のほうが効果が高いので、日本でも手に入りやすい招き猫は、ぜひ置物を用意してください。

この時期のラッキーカラーは、黒と黄。避けたほうがいいのは、赤と白色。

※次回更新日は5月9日(日)

卯(うさぎ)年・基本性格

感受性が豊かで、言動に細やかさが宿る人。

頭の回転が早く、話の流れを読んだり、相手の心の内や求めているものを察するのが得意なよう。周囲からは“気遣いの人”として認識されていることでしょう。

思慮深さが際立つ一方、大らかで楽観的な気質も持ち合わせているので、考え過ぎて堂々巡りしたり、神経質な言動に走ることはなさそう。

感情をむきだしにする場面も少なく、佇まいは優美で上品。誰にでも優しく接し、対等に付き合っていこうとします。

また、争い事を好まず、思うところがあってもグッとのみこんで堪える強さも。

感情のコントロール力に長けているうえ、忍耐強くもあるので、どんな環境下でもうまくやっていけるでしょう。

しなやかに生きる人間力の高さがあなたの持ち味といえそうです。

悟明老師(ウーミン ラオシー)

「易屋軒命理」算命師。祖父の代から続く占術家で、一子相伝の奥義を受け継ぐ。占い歴は25年。本サイトでは東洋の占星術「十二太歳宮理論」に基づく干支の運勢を「鳥卦」によって詳細に解説。
台北市饒河街夜市内(饒河街220號の前)での鳥占いは、連日、長蛇の列ができる人気ぶり。生まれ年と質問を伝えると、神鳥が中国タロットのカードをついばみ、先生が解読。探し物が見つかるとのクチコミ多数。
鑑定は17時30分~23時まで。鳥卦(約10分)は、一問につき300元。通訳を希望すれば、専属の通訳者がネット電話ごしに説明してくれる。鳥卦以外にも紫微斗数、四柱推命などのパーソナルな占いの依頼も可能。電話番号:0930-763-546(中国語対応)

文=堀 由美子
イラスト=さじきまい

悟明老師

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加