コロナ禍で不倫が始まりやすい? 在宅勤務を利用して不倫相手を自宅に招く妻たち

コロナ禍で不倫が始まりやすい? 在宅勤務を利用して不倫相手を自宅に招く妻たち

  • リアルライブ
  • 更新日:2021/05/03
No image

画像はイメージです

コロナ禍により、外出自粛が叫ばれている現在。不倫をするのは難しそうに思えるが、実際のところはそうではないようだ。一部の妻たちは、コロナ禍だからこそできる“お手軽不倫”を楽しんでいるという。

「我が家は夫も私も共働き。コロナ禍以来、互いに在宅勤務なので、家で一緒にいる時間が増えました。しかし、一緒にいる時間が増えると、相手にイライラすることも増えるように。そこでお互い、一人の時間が必要だということになり、週末はそれぞれ個々に好きなことをして過ごそうと決めました。もちろん、相手がどこにいるかなどの連絡を取り合うこともなしです。それをいいことに、日頃から夫に対するストレスが溜まっていた私は片っ端から出会い系に登録し、出会い系で知り合った異性とホテルで会うというのを繰り返し中。夫は私の休日の行動には関与してこないし、不倫は楽しいし、今のところ不満はありません」(40代女性)

>>コロナ禍での不倫は年明けにバレやすい? 新年早々、妻に不倫がバレた男たち<<​​​

在宅勤務を利用して、こんな情事を楽しむ妻もいるようだ。

「少し前から既婚男性と不倫中。コロナ禍で私は在宅勤務になりましたが、夫は出勤しているので、日中は家に私一人です。そして、不倫相手は在宅勤務なので、時間の融通が効くようになり、休憩時間の合間に私の家に来て過ごしています。旦那が家に突然帰ることはまずないし、家にいる間は他人に見られる心配もないので気楽です」(30代女性)

さらに、コロナ禍だからこそ可能なこんな嘘を駆使する妻もいる。

「飲み歩くのが結婚前から好きだった私。まだ子どもはいないので、結婚後もよく飲み歩いていました。夫もそんな私のことを受け入れてくれています。そんな中コロナが流行り、飲みに行くことは激減。ですが、不倫中の私は『コロナ禍で外飲みができないから友達の家で食事をする』と嘘をついて、不倫相手と気軽に会えるようになりました。もともと飲みに行くのが好きだったこともあり、夫は全く疑わない。むしろ、私がコロナ禍で飲みに行けなくなったことを不憫に思ってくれているようで、楽しんでおいでと快く私を送り出してくれます。少々罪悪感はありますが、不倫相手との時間も私には必要。ちなみに、友人宅でご飯だと夫に嘘をついていることを不倫相手にも伝えているので、帰り際、不倫相手に止められることなくスパッと帰宅できるのも楽でいいです」(30代女性)

コロナ禍により、多くの人が多かれ少なかれ苦労を強いられているが、コロナ禍を利用し不倫を満喫している妻もいるようだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加