ウェブカメラがないならスマホのカメラをPCに繋げばいいじゃない

ウェブカメラがないならスマホのカメラをPCに繋げばいいじゃない

  • ASCII.jp
  • 更新日:2020/05/23

スマホのカメラを活用できる「iVcam」で ウェブカメラ不足を解決!

新型コロナウィルスの影響で、空前のリモートワークブームが起きている。そのため、慌てて機材を買いあさる人が続出し、オンライン会議に必須のウェブカメラは品薄になっている。フリマサイトでも高値でも飛ぶようにウェブカメラが売れている。以前までは、ノートPCに付いているし誰が使うの? という状態だったのに、あっという間に状況が一変するのは驚きだ。

No image

会社のビデオ会議や友達とのZoom飲みを行なう際、すべてスマホでこなすのも面倒だ。複数人と話したり、画面共有をするなら大きな画面の方が見やすいに決まっている。緊急時ならともかく、自宅で腰を据えてリモートワークやオンライン飲み会をするときはPCからアクセスしたい。

もし、デスクトップPCを使っている、ノートPCにカメラがない、もしくはカメラの性能が低すぎるといった場合はウェブカメラが必要になるが、売っていないので困っているというなら、「iVcam」というアプリがオススメだ。

「iVCam」(E2ESOFT)(https://www.e2esoft.com/ivcam/)は、iOSとAndroidで公開されているカメラアプリ。Wi-FiもしくはUSBケーブルでPCとつなぎ、スマホをウェブカメラとして利用できるのが特徴だ。無料でもテストできるのだが、高画質での取り込みができない。動作確認したら購入することをオススメする。なお、PC側のアプリはWindows版しかないので注意しよう。

iVCam コンピュータカメラ(E2ESOFT)

iOS版→ダウンロード

Android版→ダウンロード

まずは、E2ESOFTのウェブサイトからPC用ソフトをダウンロードし、インストールする。ソフトを起動すると、セキュリティーの警告が開く。PCと通信するためなので、「アクセスを許可する」をクリックしよう。

64ビット用と32ビット用のファイルが公開されているので、OSに合わせて選ぼう。もし分からない場合は、Windows 10の設定画面から「システム」→「バージョン情報」を開き、「デバイスの仕様」の「システムの種類」を見ればいい。「64ビット オペレーティング システム」のように記載されている。

No image

ウェブサイトからダウンロードページを開き、64ビットOSなら「x64」、32ビットOSなら「x86」をインストールする

No image

ソフトを起動する

No image

ファイウォールの警告画面が開くので、アクセスを許可する

続いて、スマホアプリをインストールする。アプリを起動すると、PCを探しているような画面になる。まずは、歯車アイコンをタップして設定画面を開こう。ビデオサイズやフレームレート、画質などを設定する。無料版のままだと広告が表示されるほか、高画質設定ができないという制限がある。ウェブカメラとして利用するなら、課金して制限をなくしておくことをオススメする。

設定画面から、「完全版を購入します」をタップし、1220円の決済をすればいい。ウェブカメラを買うことを考えれば安いものだし、はるかに高画質。さらには将来のスマホもウェブカメラ化できることを考えれば購入しておいた方がオトク。実は3年前に記事を書いたとき、本アプリの価格は600円だった。もしかすると、将来はもっと高くなっているかも知れない。以前購入した記憶があるなら「購入商品を復元する」をタップしよう。

無料版は高画質が選べないが それでも十分活用できる

ビデオサイズは最大3840×2160ドットまで選べるが、今回は1920×1080ドットのフルHDにした。同様に、フレームレートも60fpsまで選べるが、30fpsにした。意味なく高画質にしても、システムに負荷がかかるだけで、結局配信アプリ側で画質が標準化されるので意味がない。

設定が終わったら、元の画面に戻ろう。PCとスマホを同じWi-Fiにつなげ、再生ボタンをタップすればカメラが起動する。画像の右上並んでいるアイコンは左から、無線LANの電波強度、フラッシュのオンオフ、美肌モード、上下反転、メイン/サブカメラの切り替え、カメラの終了となる。右下には写真と動画の撮影ボタンが用意されている。

No image

スマホアプリをインストールする

No image

アプリを起動したら歯車アイコンをタップ

No image

画質の設定を行なう

No image

PCに接続するとカメラが起動する

これで、PC側からスマホがウェブカメラとして認識されるようになる。カメラ名は「e2eSoft iVCam」となっている。たとえば、Zoomなら「ビデオの停止」ボタンの横のマークをクリックすれば、カメラの選択メニューが現れる。「e2eSoft iVCam」をクリックすれば、すぐに切り替わる。

これまでは、外付けのウェブカメラを使っていて、画質がざらついているが特に不都合はないと思っていたが、スマホカメラに切り替わった瞬間、あまりの違いにびっくりした。おっさんなので綺麗かどうかというわけではなく、単に映像として高画質の方が見やすいという意味だ。

ビデオ会議にも十分すぎるウェブカメラとなる。新しいスマホはいつ電話が来るか分からないというなら、古いスマホを活用するのもいいだろう。会議中の充電切れが怖いので、できれば電源ケーブルを繋げておきたい。

No image

Zoomならカメラの選択画面から「e2eSoft iVCam」を選ぶ。画面は昔から使っている外付けのウェブカメラ

No image

iPhoneの画面に切り替わった。画質が段違いだ

デスクトップPCでもiPhoneとスピーカーフォンで快適なビデオ会議の環境が整った

Wi-Fiで接続していれば利用できるので、屋内の監視カメラとして使うこともできる。筆者は2階で作業しているが、1階にいる犬の様子を見ることも可能だ。

No image

スマホを監視カメラ代わりに使うことも可能だ

もし、ウェブカメラが売っていないと困っているなら、「iVcam」の導入を検討してみよう。安いカメラを買うよりは、ずっと満足すること請け合いだ。

筆者紹介─柳谷智宣

No image

1972年生まれ。ネットブックからワークステーションまで、日々ありとあらゆる新製品を扱っているITライター。パソコンやIT関連の媒体で、特集や連載、単行本を多数手がける。PC歴は四半世紀を超え、デビューはX1C(シャープ)から。メインPCは自作、スマホはiPhone+Xperia、ノートはSurface Pro3とMacbook Air。著書に「銀座のバーがウイスキーを70円で売れるワケ」(日経BP社)、「Twitter Perfect GuideBook」(ソーテック社)、「Dropbox WORKING」(翔泳社)、「仕事が3倍速くなるケータイ電話秒速スゴ技」(講談社)など。筋金入りのバーホッパーで夜ごとバーをハシゴしている。好きが高じて、「原価BAR」を共同経営。現在、五反田・銀座で営業中。

柳谷智宣 編集●ASCII

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
AMD Ryzen 7 3800X搭載PCが4万1000円オフ、24時間限定セール
巨大ミミズのように穴を掘るGEのソフトロボ、米国防高等研究計画局の約2.7億円の賞金を獲得
やった! キヤノンのカメラならMacでもUSBケーブル1本でWebカメラになるぞー!
処理速度、液晶、キーボード、国産ノートパソコン「VAIO」が愛され続ける理由
MS開発者がツイート「コマンドプロンプトじゃなくPowerShellを使ってね」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加