BMW M史上最強のストレート6搭載、『3.0 CSL』発表...560馬力ツインターボ

BMW M史上最強のストレート6搭載、『3.0 CSL』発表...560馬力ツインターボ

  • レスポンス
  • 更新日:2022/11/28
No image

BMW 3.0 CSL

もっと画像を見る

BMWは11月24日、2ドア2シーターの高性能クーペ『3.0 CSL』を欧州で発表した。

メルセデスベンツ CLA が全モデル電動化!大幅改良で2023年登場へ

BMW M社の前身となるBMWモータースポーツ社は1972年5月24日、BMWの技術と情熱を結集し、モータースポーツ活動に本格的に取り組むために設立された。今年で創業50周年を迎えた。設立された年の1972年に発表されたのが、オリジナルのBMW 3.0 CSLだ。翌1973年にはニュルブルクリンク24時間耐久レースで勝利を収め、その輝かしい歴史をスタートさせている。

今回、欧州で発表されたBMW 3.0 CSLは、BMW Mの創業50周年を記念し、50年前の3.0 CSLを最新のテクノロジーで再現した限定モデル。公道走行可能なBMW Mの市販車としては、最も強力な直列6気筒エンジンを搭載する。

BMW 3.0 CSL専用に開発された「Mツインパワーターボテクノロジー」を採用した3.0リットル直列6気筒ガソリンツインターボエンジンは、最大出力560hp、最大トルク56.1kgmを発生する。強烈なドライビングプレジャーを追求するために、6速MTと後輪駆動を組み合わせている。

トヨタ プリウス PHEV 新型、米国仕様はEVモード40km...ロサンゼルスモーターショー2022

「マウスみたいでクール」新型プリウスとクラウンは、EV推しのLAショーでどう受け止められたか

ホンダ史上最強のSUV『パイロット』新型、285馬力V6搭載...12月米国発売へ

森脇稔

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加