開発中止となった「ダイソンのEV」カラーをまとった限定ヘアケア製品

開発中止となった「ダイソンのEV」カラーをまとった限定ヘアケア製品

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/10/14
No image

ダイソンは、「Dyson Supersonic Ionic ヘアドライヤー」と「Dyson Airwrap スタイラー」、「Dyson Corrale ヘアアイロン」の特別カラーモデルを、数量限定で発売した。

ダイソン、独自開発のプレートで毛束を包み込むコードレスヘアアイロン

直営店、百貨店、公式オンラインストアで、特別カラーモデルにパドルブラシとコームを加えたセットを販売する。直販価格は、Dyson Supersonic Ionic ヘアドライヤーが44,000円、Dyson Airwrap スタイラーが59,400円、Dyson Corrale ヘアアイロンが53,900円。

今回の特別カラーは、プルシアンブルーとブライトコッパーのコンビネーション。元々は、開発中止となったダイソン・エレクトリックカーのインテリアとして採用されたカラーリングだった。

創業者兼チーフエンジニアのジェームズ・ダイソン氏は、「新色のプルシアンブルーとリッチコッパーは、もともと私たちの車のために選ばれたもので、黒一色の退屈な自動車業界に色を注入したかったのです」と、カラーリングの狙いを説明した。

最新製品のDyson Corrale ヘアアイロンは、毛束にあわせて変形する「フレックスコッパープレート」を搭載したコードレスヘアアイロン。Dyson Supersonic Ionic ヘアドライヤーは、独自開発のデジタルモーターV9を搭載する、速乾性に定評のあるドライヤー。Dyson Airwrap スタイラーは、ぬれた髪を乾かしながらスタイリングが行えるカーラーだ。

本体サイズと重さは、Dyson Supersonic Ionic ヘアドライヤーがH245×W78×D97mm/697g、Dyson Airwrap スタイラーがH397×W41×D47mm/694g(カーラー装着時)、Dyson Corrale ヘアアイロンが本体サイズはH45×W41×D292mm/561g。

杉浦志保

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加