ドディグ/ポラセック組が男子複優勝、前年覇者破る 全豪OP

ドディグ/ポラセック組が男子複優勝、前年覇者破る 全豪OP

  • AFPBB News
  • 更新日:2021/02/21
No image

全豪オープンテニス、男子ダブルス決勝。トロフィーを掲げて優勝を喜ぶイワン・ドディグ/フリップ・ポラセック組(2021年2月21日撮影)。

【AFP=時事】全豪オープンテニスは21日、男子ダブルス決勝が行われ、大会第9シードのイワン・ドディグ(クロアチア)/フリップ・ポラセック(スロバキア)組が6-3、6-4で第5シードの前回王者レジーブ・ラム(米国)/ジョー・ソールズベリー(英国)組を破り、このペアでは初優勝を果たした。

力の差を見せつけて勝利したドディグは、「夢のような思い出だ。僕らのペアとしては初の四大大会(グランドスラム)優勝だし、とても楽しかった。ペアを継続できればうれしい」とコメントした。

一方で敗れたラム/ソールズベリー組は、2009年から2011年にかけて3連覇を達成したボブ・ブライアン(米国)とマイク・ブライアン(米国)の兄弟以来となる大会連覇を目指したが、目標には一歩届かなかった。

また、ラムはバルボラ・クレイチコバ(チェコ)とのペアで混合ダブルスを制覇しており、大会2冠を狙ったがそちらもかなわなかった。

ポラセックにとって飛躍の大会となった一方で、ドディグはマルセロ・メロ(ブラジル)と組んで大会を制した2015年の全仏オープンテニス以来、二つ目の四大大会のタイトルを手に入れた。

ポラセックは混合ダブルスで4勝しているダニエラ・ハンチュコバ以来、グランドスラムのタイトルを手に入れた男女を通じて2人目のスロバキア出身選手となった。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加