出水麻衣「路チュー」相手2人がともにフジテレビの女子アナと結ばれる“奇縁”

出水麻衣「路チュー」相手2人がともにフジテレビの女子アナと結ばれる“奇縁”

  • アサジョ
  • 更新日:2021/06/11
No image

6月6日にフリーアナウンサーの加藤綾子と結婚した会社経営者の一般男性には、「人気女子アナ」の元カノがいたという。8日、「FRIDAYデジタル」が報じている。

【関連記事】加藤綾子に平昌五輪の向かい風?「目立ちすぎ」とブーイング

加藤の夫をめぐっては、7日に「週刊文春」もその素性について「神奈川県内を中心に、スーパーや精肉店を運営する会社の社長Aさん。年齢は39歳」との情報を伝えており、年商2000億円にも達するグループ企業のトップに立つ、慶應大学出身のイケメン実業家だという。

そんなエリート社長Aさんに関し、「FRIDAY」は過去に記事で取り上げていたことを明かした。女子アナ、TBSの出水麻衣アナの相手だったというのだ。

2015年6月の夜中、出水アナは仕事帰りにAさんと待ち合わせし、都内の寿司店で夕食を楽しんだ後、帰路に就く。その最中、Aさんと乗り込んだタクシー内でキスに及ぶと、その後も路上で人目もはばからず濃厚なキス。情熱的な路チュー写真をキャッチされ、同誌は「見ているコチラが恥ずかしくなるほどだった」と振り返っている。学生時代には7年ほどアメリカのジョージア州で生活していた帰国子女の出水アナ。その恋愛観も欧米スタイルなのかもしれないが、実は彼女、路チュー報道の5年前、2010年11月にも同じく「FRIDAY」に「イケメン青年社長と深夜の路上キス!」などとすっぱ抜かれていたのだ。

当時、高級イタリアンレストランでの夕食を終えた出水アナと老舗企業の社長は、夜の住宅街を歩きながら、繰り返し路上でキス。これが出水アナによる路チュー報道のデビュー作だった。

「2010年に路チューが報じられた出水アナと老舗企業のイケメン社長は結婚を視野に入れた真剣交際だったとされていましたが、後に破局。その社長は最終的に2018年10月、フジテレビの椿原慶子アナウンサーと結婚しました。奇しくも、椿原アナはフジテレビ時代のカトパンと同じ2008年の入社組。つまり、出水アナと2度に及ぶ路チューを満喫した青年社長らは、ともにフジの同期アナとそれぞれ結婚したことになり、独身の出水は、今回のカトパンの結婚を複雑な思いで見ていたかもしれません。しかし、もしも青年実業家に狙いを定めているのであれば、奔放すぎる路上での振る舞いは改めたほうが賢明と言えるでしょう」(芸能ライター)

なお、2015年に5年ぶり通算2度目の路チューを報じられた際、出水アナは同局ラジオ「たまむすび」の中で、「本当に申し訳ないと言いますか、ただただ恥ずかしい」「実は5年前にも1度やられておりまして」「私は人生において2回も世間様にこのような痴態を晒しているという」などと猛省していた。ただ、この時点ではまだ、2人の路チュー相手の行き着く先がフジテレビの2008年組になるとは想像すらしていなかっただろう。

(木村慎吾)

アサジョ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加