CB難のチェルシー、デ・リフト獲得に動く

CB難のチェルシー、デ・リフト獲得に動く

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2022/06/23
No image

チェルシーが、ユベントスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(22)の獲得に動くようだ。イタリア『スカイ』が報じた。

【動画】【将軍】プラティニのユベントスでのゴールTOP5

今季限りでドイツ代表DFアントニオ・リュディガーとデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンが退団したチェルシー。トーマス・トゥヘル体制で主力を務めたセンターバックを一気に2人も失い、さらには主将のスペイン代表DFセサル・アスピリクエタの去就も不透明な状況にあるなど、最終ラインの補強が急務となっている。

現状でセビージャのフランス代表DFジュール・クンデやインテルのスロバキア代表DFミラン・シュクリニアルといった名前が候補に挙がる中、昨夏にも関連が伝えられたデ・リフトの獲得に本腰を入れる様相のようだ。

しかし、同選手は2024年夏までの契約で、契約解除金が1億2000万ユーロ(約170億円)に設定されていることから、交渉は困難を極めることが予想される。ただ、先日に本人の口から契約について言及があり、その時点では延長か移籍か決めかねていると明かされていた。

また、別の観点から言えば、デ・リフトは代理人を務めていたミーノ・ライオラ氏が4月末に急逝、チェルシーも長らくクラブ間交渉を主導してきたマリナ・グラノフスカイア氏が対陣したことが、少なからず影響するかもしれない。

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加