任期満了まで半年切り...島根県・丸山知事 来年の知事選挙に再選出馬の意向固める

任期満了まで半年切り...島根県・丸山知事 来年の知事選挙に再選出馬の意向固める

  • TSKさんいん中央テレビニュース
  • 更新日:2022/11/28
No image

山陰中央テレビ

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

1期目の任期満了まで半年を切り、その去就が注目される島根県の丸山知事が、2期目を目指して2023年春の知事選挙に出馬する意向を固めたことが関係者への取材で分かりました。

丸山知事は福岡県出身の52歳。

島根県の政策企画局長や総務省消防庁国民保護室長などを経て、前回2019年の島根県知事選挙に立候補し、初当選しました。

TSKが複数の自民党関係者に取材したところ、丸山知事は既に来年の知事選挙に出馬する意向を固めたということです。

その丸山知事は今朝、報道各社の取材に対し、次のように述べました。

(島根県丸山知事)

「現時点で申し上げる内容は無いので、その点を理解いただきたい。気持ちは決めているので、できるだけ早く(考えを)示したい」

丸山知事本人は、25日の段階では明言を避けましたが、11月29日に予定されている県議会の一般質問に答える形で正式に出馬表明するものとみられます。

丸山知事が初当選した2019年の知事選挙では、自民党島根県連が丸山知事を支持するグループと別の候補を支持するグループの2つに割れる保守分裂選挙となりましたが、島根県連は今回は丸山知事に一本化する方向で調整を進めているとみられます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加