LINE、ショート動画を投稿・視聴できる「LINE VOOM」Android版を提供開始

LINE、ショート動画を投稿・視聴できる「LINE VOOM」Android版を提供開始

  • PHILE WEB
  • 更新日:2021/11/25

LINEは、アプリ内において動画プラットフォーム「LINE VOOM」(Android版)の提供を開始した。iOS版は近日公開予定としている。

No image

LINEの動画プラットフォーム「LINE VOOM」Android版の提供を開始

これまで、家族や友だちなど近しい人同士で活動を投稿し合う機能として展開していた「タイムライン」を、ショート動画を投稿したり視聴できるスペース「LINE VOOM」として一新。昨今動画コンテンツの需要が高まっていることを背景に、新たな取り組みとして実施される。

LINE VOOMでは、スキマ時間に自分の動画を投稿したり、さまざまなジャンルのショート動画を視聴することが可能。“好きが、つながる。” のコンセプトのもと、気に入った動画にリアクションやコメントを送ったり、そのままLINE上で友だちにシェアすることもできる。

No image

気に入った動画をLINEで友だちにシェアすることもできる

LINE VOOM画面内の「おすすめ」上では、ユーザー自身の関心が高いジャンルや人気の動画をレコメンド表示。レコメンド内容は視聴傾向に基づきパーソナライズ化されるため、見れば見るほど、好みの動画コンテンツが表示される仕組みだと同社は説明する。

No image

視聴傾向に基づいてパーソナライズ化した「おすすめ動画」をレコメンド

今後は「LINEマンガ」や「LINE MUSIC」など、LINEが提供する各サービスと連携した動画コンテンツも展開予定とのこと。

また、LINE VOOMにおいても、資格条件を満たしたLINE公式アカウントが広告収入を得ることができる収益化プログラム「LINE VOOM CREATORS」を通して、クリエイターのフォローアップを積極的に行うとしている。

サービス名の「VOOM」は、「Video Room」「Visual Room」「Boom」を掛け合わせた造語。動画を気軽に楽しみ、新たなトレンドやブームを生み出すという意味が込められているとし、「個々人に最適化された動画コンテンツとの出会いやエンタメの楽しさを提供することで、ユーザーの毎日を彩る存在となることを目指します」とアピールする。

編集部:川田菜月

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加