阪神・ガンケル メッセ、マテオ以来の球団助っ人開幕5連勝 野手陣に「本当に感謝」

阪神・ガンケル メッセ、マテオ以来の球団助っ人開幕5連勝 野手陣に「本当に感謝」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/05/04

◇セ・リーグ 阪神7ー3広島(2021年5月2日 甲子園)

No image

<神・広>5回3失点の力投を見せたガンケル(撮影・成瀬 徹)

苦投の末につかんだ白星が、助っ人右腕の流れの良さを如実に示した。阪神・ガンケルは今季自身最短となる5回を投げ、7安打3失点もリーグトップに並ぶ5勝目。球団助っ人では17年のメッセンジャー、マテオ以来となる開幕5連勝を飾った。

「調子も良くなかったし、相手を抑えることに苦労したことも多かったけど(野手陣が)よく守ってくれたし逆転もしてくれたから本当に感謝している」

毎回先頭打者の出塁を許す中で3点に抑えた。今季ワーストの内容でも、大崩れしなかったことが逆転勝利につながった。矢野監督も「苦しい展開で。その中でも粘ったところもあったので、勝ちが付いたのはチーム全体で大きい」と喜んだ。

2軍ではアルカンタラが昇格の準備を進め、有限の外国人枠を考えれば油断できない状況ながら、投げればチームが勝つ「不敗神話」は大きなアドバンテージ。次週の先発についても指揮官は「予定通り」と明言した。高まる緊張感。米国ではマイナー一筋で地道に腕を振ってきた男にとって競争は臨むところだ。(遠藤 礼)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加