オリックス・モヤの痛すぎる勘違い 四球で二塁進塁のはずが、盗塁アウトと思い離塁してタッチアウト

オリックス・モヤの痛すぎる勘違い 四球で二塁進塁のはずが、盗塁アウトと思い離塁してタッチアウト

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/04/07

◇パ・リーグ オリックスーロッテ(2021年4月6日 ZOZOマリン)

No image

オリックス・モヤ

痛すぎるミスだった。

オリックスは、1―3の4回1死一塁、打者・頓宮がカウント3―2から四球を選んだ。フルカウントで自動スタートとなっていた一走・モヤは二塁へスライディング。判定はアウトながらも、打者は四球のため、1死一、二塁と好機が広がるところだった。しかしアウトと思ったモヤは離塁。二塁手・中村にタッチされ、アウトとなった。

中嶋聡監督(52)はベンチを出て、主審、二塁塁審に抗議、確認したが、判定は変わらず。結果的に2死一塁から相手失策、中前打と続いただけに、悔やみ切れないミスとなった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加