巨人・坂本 6回に千賀から公式戦初安打「明日勝って五分に持ち込みたい」

巨人・坂本 6回に千賀から公式戦初安打「明日勝って五分に持ち込みたい」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/24

◇SMBC日本シリーズ2020第1戦 巨人1―5ソフトバンク(2020年11月21日 京セラD)

No image

<巨・ソ>6回1死、中前打を放つ坂本(撮影・尾崎 有希)

巨人・坂本が千賀から公式戦初安打を放った。試合前の時点で9打数無安打と苦しめられていた難敵だったが、先頭で迎えた4回には四球を選び、6回1死で迎えた第3打席に148キロの直球をはじき返す中前打。

主将は「今日の負けは負けで切り替えて明日やるしかない。明日勝って五分に持ち込みたい」と巻き返しを誓った。

▼巨人・松原(日本シリーズ初出場で第1打席に四球で出塁)最初は凄く緊張した。次に向けて、また頑張ります。

▼巨人・大城(5回に千賀から中前打)いつもと違う雰囲気の中で、いい緊張感で試合ができた。負けはしたが、切り替えて明日を迎えたい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加