テニス=元世界1位マリーが決勝へ、全豪OP前哨戦

  • ロイター
  • 更新日:2022/01/15

[シドニー 14日 ロイター] - テニスのシドニー・クラシックは14日、オーストラリアのシドニーで男子シングルスの試合を行い、元世界ランキング1位で四大大会3勝のアンディ・マリー(英国)が第4シードのライリー・オペルカ(米国)に6─7、6─4、6─4で逆転勝利し、決勝進出を決めた。

マリーがシングルスで決勝の舞台に立つのは、2019年にベルギーのアントワープで行われたヨーロピアン・オープンで優勝したとき以来のこと。同選手は「トロフィーとともに一年をスタートできたら素晴らしいが、(ここまでの)4試合でこのような結果を出せたことは昨年をはるかに上回る成績で、私にとってはすでに大きな一週間となっている」と語った。

優勝すれば、マリーにとってはキャリア通算47回目のツアータイトル。決勝では第1シードのアスラン・カラツェフ(ロシア)と対戦する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加