英文校正ツールの米グラマリー、創業者2人がビリオネアに?

英文校正ツールの米グラマリー、創業者2人がビリオネアに?

  • Forbes JAPAN
  • 更新日:2021/11/25
No image

学校の先生たちは、「文法は重要だ」と教えてくれただろう。だが、その文法があなたをビリオネアにする可能性があるとは、どの先生も言わなかったのではないだろうか──?

オンライン英文校正ツールを提供する米グラマリー(Grammarly)は先ごろ、新たに2億ドル(約230億円)を調達。これにより、同社の評価額は130億ドルとなった。共同創業者のマックス・リトヴィンとアレックス・シェフチェンコは、ビリオネア(保有資産10億ドル超)になったとみられている。

フォーブスは、同じウクライナ出身のプログラマー、ディミトロ・リーデルとともに2009年に同社を設立したリトヴィンとシェフチェンコは、同社株のおよそ35%ずつを保有しており、今回の調達ラウンドにより、それぞれ40億ドル以上を手にしたと推定している(リーデルは、1%を保有)。

グラマリー側はこの推計に異議を唱えているが、具体的なことは何も明らかにしておらず、同社のコミュニケーション担当の責任者はメールで、「グラマリーは非公開会社であり、保有比率や金額は公表しない」と説明している。

グラマリーは2019年10月にも米国のベンチャー・キャピタル、ゼネラル・カタリストやIVPなどから9000万ドルを調達。評価額は10億ドルとされていた。今回の調達ラウンドでは、資産運用会社の英ベイリー・ギフォード、米ブラックロックなども同社に出資している。

起業のきっかけは学生の「盗用」
カリフォルニア州サンフランシスコに拠点を置くグラマリーは当初、「センテンスワークス(Sentenceworks)」として創業。英文法やスペルのチェック・修正によって学生たちのライティングを支援するサブスクリプション型のサービスを提供していた。

その後、同社はビジネス向けの機能を追加。主な製品については2015年以降、(基本的なサービスは無料、高度な機能を持つものは有料とする)フリーミアムモデルで提供している。有料版は、月額12~30ドル。

ただ、ウクライナの大学(International Christian University)で出会ったリトヴィンとシェフチェンコによると、グラマリーに関するアイデアはもともと、在学中に立ち上げたマイドロップボックス(MyDropBox)のビジネスから生まれたものだという。

これについてリトヴィンは2021年3月、ブログで次のように説明している。

「私たちは、学生たちのライティングから盗作をなくすのに役立つ製品を作りましたが、それによって、より深刻な、根本的な疑問に向き合うことになりました。そもそも学生たちはなぜ、盗用することを選ぶのか、という問題です」

そして彼らは、「自分の言いたいことを、自分の言葉で伝えるのが難しいからではないだろうか」と考えたという(そのマイドロップボックスは2002年、インターネットを利用した学習管理・支援システムを提供する米ブラックボードに売却した)。

一方、グラマリーのブラッド・フーヴァーCEOはフリーミアムを取り入れたことについて2019年、ビジネスメディアのファスト・カンパニーに対し、それが同社にとっての「ターニングポイントになった」と語っている。「口コミによる成長は、まさにこのときから始まった」という。

現在はメールアプリやウェブブラウザ、ソーシャルメディア、マイクロソフトの文書作成ソフトウェア「ワード」などを通じて、1日あたり約3000万人が、同社のサービスを利用。また、同社のクライアントには、デル・テクノロジーズやオンライン会議サービスのズーム、コンピュータネットワーク機器のシスコ、旅行サイトのエクスペディアなどが含まれる。

ウクライナの大学を卒業後、リトヴィンは米テネシー州のヴァンダービルト大学で、シェフチェンコはカナダのトロント大学でMBAを取得した。グラマリーはサンフランシスコに加え、カナダのバンクーバー、ウクライナの首都キエフにオフィスを構えている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加