照ノ富士が横綱昇進 理事会の全会一致で決定

照ノ富士が横綱昇進 理事会の全会一致で決定

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/07/21
No image

伝達式後、鯛を両手に持つ新横綱照ノ富士(左)、伊勢ケ浜親方、淳子女将(撮影・柴田隆二)

「第73代横綱照ノ富士」が誕生した。日本相撲協会は21日午前、東京都内で臨時の理事会を開き、モンゴル出身の大関照ノ富士(29=伊勢ケ浜、本名ガントルガ・ガンエルデネ)の横綱昇進を、全会一致で決定した。これにより第73代の横綱誕生が決まった。この後、同協会は江東区内にある伊勢ケ浜部屋に使者を派遣。昇進を伝達するとともに、照ノ富士は決意を込めた口上を述べる。

横綱誕生は17年初場所後の稀勢の里(現荒磯親方)以来4年半ぶりで、令和では初めて。外国出身力士としては曙、武蔵丸(以上米国)、朝青龍、白鵬、日馬富士、鶴竜(以上モンゴル)に続き7人目で、モンゴル出身は5人目。照ノ富士は大関復帰を果たした5月の夏場所を、12勝3敗で2場所連続優勝。さきの名古屋場所は、千秋楽全勝対決で横綱白鵬に敗れ14勝1敗の優勝次点だったが「2場所連続優勝、もしくはそれに準ずる成績」という横綱審議委員会(横審)の内規をクリア。19日に横審定例会合が行われ、全会一致での推薦が答申されていた。

照ノ富士は鳥取城北高から間垣部屋に入門し、11年5月の技量審査場所で初土俵。部屋閉鎖により13年に伊勢ケ浜部屋へ移籍。13年秋場所で新十両、14年春場所で新入幕を果たし、15年名古屋場所で大関昇進を果たし14場所務めたが、膝のケガや糖尿病を患うなど、大関陥落後は序二段まで番付を落とした。そこからはい上がり、返り入幕の20年7月場所では13勝2敗で幕尻優勝を達成。今年5月の夏場所では21場所ぶりの大関復帰を果たし、最短2場所で横綱昇進を決めた。通算成績は409勝235敗80休。各段優勝は幕内4回、十両2回、幕下1回。三賞は殊勲賞3回、敢闘賞3回、技能賞3回を受賞。得意は右四つ、寄り。192センチ、177キロ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加