国民年金の保険料納付率が10年連続上昇 全額免除・猶予は過去最多に

国民年金の保険料納付率が10年連続上昇 全額免除・猶予は過去最多に

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2022/06/23
No image

厚生労働省は、国民年金の保険料納付率が10年連続で上昇し、昨年度は73.9%だったと発表した。一方、低所得などを理由に保険料の全額免除や猶予されている人は、612万人で過去最多だった。

【映像】歴史的な円安で加速する外国人の“日本買い” 不動産「一棟買い」もリモートで即決

厚生労働省によると、自営業やフリーターの人などが加入する国民年金の昨年度の加入者は1431万人で、保険料の納付率は10年連続で上昇して73.9%だった。

しかし全額免除や猶予を受けている人は612万人と前の年よりも3万人増えて過去最多だった。これには新型コロナの感染拡大で所得が減った人が対象となる臨時の特例免除が72万件含まれている。(ANNニュース)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加