VMware vCenter Serverに情報窃取の脆弱性、アップデートを

VMware vCenter Serverに情報窃取の脆弱性、アップデートを

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/11/25
No image

米コンピュータ緊急事態対策チーム(US-CERT: United States Computer Emergency Readiness Team)は11月24日(米国時間)、「VMware Releases Security Updates|CISA」において、VMware vCenter ServerおよびVMware Cloud Foundationに複数の脆弱性が存在すると伝えた。これら脆弱性を悪用されると、攻撃者によって遠隔から機密情報が窃取される危険性があるとされている。

DrupalのWYSIWYGライブラリにクロスサイトスクリプティングの脆弱性

脆弱性に関する情報は次のページにまとまっている。

VMSA-2021-0027 - VMware vCenter Server updates address arbitrary file read and SSRF vulnerabilities (CVE-2021-21980, CVE-2021-22049)

脆弱性が存在するとされるプロダクトおよびバージョンは次のとおり。

VMware vCenter Server 6.7
VMware vCenter Server 6.5
VMware Cloud Foundation (vCenter Server) 3.x

脆弱性が修正されたプロダクトおよびバージョンは次のとおり。

VMware vCenter Server 6.7 U3p
VMware vCenter Server 6.5 U3r

一部の脆弱性は深刻度が重要(Important)に分類されており注意が必要。米国土安全保障省サイバーセキュリティ・インフラストラクチャセキュリティ庁(CISA: Cybersecurity and Infrastructure Security Agency)は、上記のセキュリティ情報をチェックするとともに、必要に応じてアップデートを適用することを推奨している。

後藤大地

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加