【7月22日のおかえりモネ】第49話 仙台の強風を伝えたい朝岡、百音たちのアイデアとは?

【7月22日のおかえりモネ】第49話 仙台の強風を伝えたい朝岡、百音たちのアイデアとは?

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/07/21
No image

百音(清原果耶・中央)は、莉子(今田美桜・左)、内田(清水尋也)と仙台の強風の危険性を伝える方法を考える

清原果耶が主演のNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」(月曜~土曜8時・土曜は一週間振り返り放送)。7月22日は第49話が放送される。百音たちは、強風の危険を伝えたい一心で…。

朝の情報番組の気象コーナーで、仙台の強風の情報を伝えたい朝岡(西島秀俊)と、黄砂の情報を伝えるべきだというテレビ局気象班デスク・高村(高岡早紀)の意見が対立する。百音(清原果耶)はその様子を目の当たりにしたり、莉子(今田美桜)のサポートをする中で、報道気象の奥深さに気付いていく。どうにかして仙台の強風の危険を莉子の中継コーナーで伝えられないか考えた百音たちは、ある方法を思いつく。

「天気予報は未来を予測できる世界」「自分も未来を知ることができたら」。宮城県気仙沼湾沖の自然豊かな島で暮らしていたヒロインの百音は、移り住んだ登米で気象予報士の仕事と出会い、やがて上京し成長していく。「透明なゆりかご」の安達奈緒子によるオリジナル脚本で“希望ある未来をひらいてゆく”物語。主題歌はBUMP OF CHICKENの「なないろ」。魂のこもった心地よい曲で毎朝の元気と幸せを届ける。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加