八戸工大一の長身エース黒田は絆を武器に頂点目指す

八戸工大一の長身エース黒田は絆を武器に頂点目指す

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/09/16
No image

笑顔で握手を交わす八戸工大一・黒田(左)と沢口

19日に開幕する秋季高校野球青森大会の抽選会が15日、行われた。上位3校が東北大会(10月14日開幕、宮城県)の出場権を獲得する。

◇   ◇   ◇

昨秋は3位決定戦で敗れ、雪辱を期す八戸工大一は初戦で、八戸学院野辺地西との対戦が決まった。身長188センチのエース右腕・黒田将矢と、主将も務める沢口仁誉捕手(ともに2年)のバッテリーがチームの中心。入学当初から下宿先で同部屋の2人は、お互いを知り尽くしている。黒田は「(沢口が出す)サインに首を振ることは、ほとんどない。ミットを信じて投げるだけ」と、固い絆も武器に、秋の青森頂点、さらにはセンバツ舞台を目指していく。

力のある直球が武器の黒田は、今夏の県独自大会では自己最速の142キロをマークし「自分の持ち味は真っすぐ。目標は150キロなんですけど、秋には145キロは出したい」と意気込む。走り込みで下半身を徹底的に強化。さらに青森のおいしい米で食育も図り、1年時の60キロ台の体重から75キロにまでアップした。黒田は「先発、リリーフ、どんな場面でも0点に抑える。打撃でも3番なので、チャンスで打ちたい」と意欲を見せる。

チームの合言葉は「必笑」。エースが全幅の信頼を置く主将の沢口捕手は「元気な声と笑顔を大事にしている。チームの雰囲気はとても良い」と、チーム力の充実にも自信を示す。5年ぶりの東北大会へ、機は熟したようだ。【佐藤究】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加