なでしこ、絶好の同点機逃す 後半9分、田中がPK失敗

なでしこ、絶好の同点機逃す 後半9分、田中がPK失敗

  • デイリースポーツonline
  • 更新日:2021/07/22
No image

後半、PKを外し頭を抱えるなでしこジャパン・田中美南(撮影・金田祐二)

「東京五輪・サッカー女子・1次リーグ、日本-カナダ」(21日、札幌ドーム)

なでしこジャパンが同点の絶好機を逃した。後半開始から投入されたFW田中が同9分、自ら得たPKを蹴ったが、GKにセーブされた。

後半3分、MF長谷川が左サイドから絶妙のクロス。ペナルティーエリア内で田中がキープしたところを相手GKと交錯した。いったんは田中のファウルとなったが、VAR判定の末に覆り、GKのファウルとなりPKを得ていた。

国際ランキング10位の日本代表なでしこジャパンは初戦で、同8位で五輪2大会連続銅メダルのカナダと対戦。前半6分、カナダは右サイドを上がったFWプリンスが中央に折り返し、2列目から飛び出したMFシンクレアがシュート。ボールはポストに当たったが、はね返ったボールを押し込まれ先制を許していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加