ラウールが早朝の教室で「おはよう」をレクチャー、「ハニーレモンソーダ」メイキング映像

ラウールが早朝の教室で「おはよう」をレクチャー、「ハニーレモンソーダ」メイキング映像

  • 音楽ナタリー
  • 更新日:2021/05/02

ラウールSnow Man)が主演を務める映画「ハニーレモンソーダ」のメイキング映像がYouTubeで公開された。

No image

「ハニーレモンソーダ」より。

映画「ハニーレモンソーダ」は村田真優による同名マンガを原作とした作品で、主人公の三浦界をラウールが、ヒロインの石森羽花を吉川愛が演じる。今回メイキング映像が公開されたのは本編冒頭の界と羽花の教室のシーン。中学時代のいじめが原因で人とうまくコミュニケーションが取れないことに悩む羽花は自由な校風の八美津高校へ入学し、クラスメイトと打ち解けるための挨拶の練習を早朝の教室で繰り返す。そこに学校一の人気者である界が現れ、一緒に「おはよう」と言う練習をしてくれる場面だ。

撮影現場では神徳幸治監督からの「“おはよう”のタイミング、もう少し早くね」といった指示にラウールが「了解です!」と笑顔で応え、リラックスした様子で臨んでいたとのこと。神徳監督はこのシーンの重要性を「この映画は最初の15分で決まると思っている。ただ界くんがかっこいいだけの映画で終わらせないように、冒頭15分で観客の心をつかみ、しっかりキャラクターを見せないといけないと最初から決めていた」と語っている。またメインキャスト陣の中で一番年下のラウールについて、吉川は「最初は全然目が合わないくらい人見知りな方なのかなと思ったんですけど、時々出る17歳のラウールさんの天然な姿が面白くて(笑)。現場にいる人はみな、彼に癒されていたと思います」と、その印象を明かしている。

音楽ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加