【紫菊賞】ヨーホーレイク連勝!福永が高評価「得意でない馬場をこなしてくれた」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/10/19

京都9R、2歳1勝クラスの紫菊賞は5頭立てと少頭数の一戦。ヨーホーレイク(牡=友道、父ディープインパクト)がグラティトゥーとの叩き合いを制して連勝を決めた。福永は「こういう馬場は得意ではないが、こなしてくれた。完全な芝馬。良くなる余地を残す中で連勝したし、高いポテンシャルを持っていると思う」と振り返った。全兄に13年弥生賞を制したカミノタサハラがいる血統馬。友道師は「馬場が心配だったけど、ジョッキーがうまく乗ってくれた。距離は2000メートル以上だと思う。またオーナーと相談して次を考えます」と先を見据えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加