ソフトバンク石川シリーズ初先発白星 巨人打線翻弄も反省「情けない」

ソフトバンク石川シリーズ初先発白星 巨人打線翻弄も反省「情けない」

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2020/11/22
No image

◆日本シリーズ第2戦 巨人2-13ソフトバンク(22日、京セラドーム大阪)

ソフトバンクの先発・石川は球威あるストレート、得意のパワーカーブに加え、持ち前の好テンポで巨人打線を翻弄(ほんろう)。失点は5回にウィーラーに許した2ランにとどめ、6回途中2失点で白星を手にした。

「野手の方が早い回から点を取ってくれたおかげで、初回から自分らしいテンポで投げることができ、いい流れを持ってくることができたんじゃないかなと思う。中盤以降に少しバタバタしてしまったのは情けないが、チームが勝っている状況で中継ぎに回すことができたので良かった」

昨年までシリーズ6試合登板で3勝0敗、防御率1・23の成績を残していたが、先発は今回が初めてだ。自身初タイトルとなる最多勝と勝率第1位に輝いた今季、看板に偽りなしの投球を見せた。

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加