巨人・畠、今季初先発も4失点降板「うまく流れをつかむ投球ができず」

巨人・畠、今季初先発も4失点降板「うまく流れをつかむ投球ができず」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/04/08

(セ・リーグ、阪神7-1巨人、2回戦、阪神2勝、7日、甲子園)畠が3回2/3を4失点で、今季初先発を白星で飾れなかった。三回に味方の失策で1点を先制され、四回に3安打を浴びて降板。「うまく流れをつかむ投球ができず、申し訳ない」と肩を落とした。宮本投手チーフコーチは「チャンスを生かさなかったらプロじゃない。もう一度チャンスを与えますけど、成長した姿を見たい」と汚名返上を期待した。

No image

2回、力投する巨人・畠=甲子園球場(撮影・中井誠)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加