【体が硬くてもできる!】柔らかい股関節でペタッと開いた開脚が叶う「続けられる簡単ストレッチ」

【体が硬くてもできる!】柔らかい股関節でペタッと開いた開脚が叶う「続けられる簡単ストレッチ」

  • ヨガジャーナルオンライン
  • 更新日:2022/11/25
No image

AdobeStock

柔らかい股関節でペタッと開いた開脚に憧れている人、多いですよね。開脚ができるようになると柔軟性が上がるだけではなく、体型にも変化が出ます。そんなあなたにおすすめの3つのストレッチをご紹介。実現に向けて毎日続けてみましょう!

開脚が体に与えるうれしい効果

内ももすっきり

開脚は内ももの筋肉が硬いとなかなかできません。そのため、内ももの柔軟性を上げていく必要があります。ストレッチで内ももの筋肉が柔軟になると、内ももがすっきり見えて脚痩せ効果が期待できます。

ケガ防止

開脚ができるようになるためには股関節を柔らかくする必要があります。股関節が柔らかくなれば可動域も広がり、運動をしてもケガをしにくい体になります。

むくみ解消

股関節周りが硬く動きが悪いと、老廃物が滞りむくみやすくなる原因に。股関節が柔らかくなると、股関節の動きが良くなり血行が促進、老廃物も流れやすくむくみの解消に繋がります。

毎日続けたい!開脚を深めるストレッチ

開脚のメリットを知ったら、次は開脚を深めるストレッチにトライ! ポイントは、無理なく呼吸ができる範囲で行うことです。

内ももほぐし

ローラーを脚の付け根にあてて左右に転がします。脚の付け根→太ももの真ん中→膝側の順に転がし、内ももを満遍なくほぐしていきます。反対も同じように行いましょう

No image

photo by Mizuki Nagasawa

かえる足ストレッチ

①マットにうつ伏せになり、股関節、膝、つま先をそれぞれ90度に曲げます。

②息を吐きながらお尻を後ろに引いていきます。この時に腰が丸まらないように気をつけましょう。

③息を吸いながら元の位置に戻し、この動きを数回繰り返します。

No image

photo by Mizuki Nagasawa

④胸をマットに下ろしリラックスします。

No image

photo by Mizuki Nagasawa

壁開脚

①仰向けになり壁にお尻をつけ、脚を壁に沿って持ち上げます。股関節から足を左右に開いていきます。

②両手を使ってさらに足を開いていきましょう。深呼吸しながら少しずつ下げるのがポイントです。脚を戻すときに痛みを感じる人はゆっくり戻しましょう。

No image

AdobeStock

すべてのストレッチはこちらの動画で確認できます

長沢美月

モデル&ヨガインストラクター。モデルとして雑誌やショー等で活動後、現在日本テレビ『ズームイン!!サタデー』のキャスターとして活動中。もともと身体について興味があり、より健康になるお手伝いをしたいと思い、ヨガ(RYT200)やピラティス、整体、小顔デザイン、マクロビスイーツなど、資格多数保有。Instagram @_mizuki_0212、@mizuki_yoga_★現在恵比寿にあるアリュールヨガにて、毎週木曜13:30〜リラックスヨガを担当。オンラインレッスンも受付中!https://lit.link/mizukinagasawa

長沢美月

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加