JRA3労組が開催スト19日に解除 関東労書記長「仕切り直す」

JRA3労組が開催スト19日に解除 関東労書記長「仕切り直す」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2023/03/19
No image

JRA

JRAの厩務員、調教助手らが加盟する4労組(関東労、全馬労、関西労、美駒労)が調教師会に賃金体系の改正を訴えた団体交渉で、妥結した全馬労を除く3労組は18日、調教師会に19日の開催スト解除を伝えた。18日は調教師や非組合員、JRA職員らによる業務分担で開催が続行されたが、3労組の組合員も臨場して協力していたという。

関東労の小倉書記長は「17日の全馬労の離脱は痛かったです。4労組で固まっていけるように要求してきましたが、仕切り直す必要があると判断しました。今回は競馬界だけでなく労働界からも注目を集めていたので、腰折れの形になってしまったのは残念」とコメント。今後は新賃金体系に新たな要求を行っていくとみられる。

◆日本調教師会・手塚貴久会長「誠意を持って交渉し、精いっぱいの努力をしましたが、残念ながらストライキに至る事態となり、ファンの皆さまにはご心配をおかけしました。今後も魅力ある競馬を提供するため、全力で強い馬づくりに邁進(まいしん)してまいります」

◆JRA佐野健吉競走担当理事「3労組から新たな春闘に関する要求を出すと聞いており、そちらの方で交渉をしたいということで、ストを解除するという話になったようです」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加