自民との対立回避 全トヨタ労連支援、愛知11区の古本氏不出馬

自民との対立回避 全トヨタ労連支援、愛知11区の古本氏不出馬

  • 毎日新聞
  • 更新日:2021/10/14
No image

記者会見で衆院選への不出馬を表明した古本伸一郎前衆院議員=愛知県豊田市で2021年10月14日午後6時5分、酒井志帆撮影

トヨタ自動車グループの労働組合でつくる「全トヨタ労連」が支援する古本伸一郎前衆院議員(56)=愛知11区=は14日、愛知県豊田市で記者会見し、衆院選への立候補を見送ると表明した。古本氏は「組織内候補が出なければ(超党派連携の)可能性は開ける」と説明。与党との連携を模索する労連の方針に従い、同選挙区で競合する自民党との対立を回避した。

選挙カー製作最盛期

全トヨタ労連は組合員約35万1000人。9月の定期大会で、カーボンニュートラル(温室効果ガス排出実質ゼロ)への積極的対応などの運動方針を決め、従来の国民民主、立憲民主両党との関係にこだわらず、超党派で連携を進める姿勢を明確にしていた。記者会見に同席した西野勝義・トヨタ労組委員長は「11区では対立を前提とする組織内議員は出さない。何党よりも、何をしていただけるのかを重視して是々非々で連携を模索したい」と強調した。

古本氏は「自民党を想定して今回の判断に至ったことは一切ない」と繰り返しつつ、「身内が出るのは私で終わりにする。悩みに悩んだが、新しい政治の形を求めた変化への挑戦。いつか必ずご理解いただけると信じている」と話した。

古本氏は6回連続当選。旧民主党政権下で財務政務官を務めるなど「民主王国愛知」の重鎮だったが、2020年の立憲民主結党に参加せず現在無所属。愛知11区では、自民の八木哲也前衆院議員(74)が3回連続で古本氏に敗れて比例復活し、今回は年齢制限で比例重複が見込めないため、一時引退の意向を示していた。他に共産新人の本多信弘氏(45)も出馬を表明している。【酒井志帆】

毎日新聞

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加